スポンサーリンク

ママが筆下ろしするurabideo・・真夏の暑い日に僕は大人になった

50代(五十路)


「ママ、僕恥ずかしいよ・・」「もうこんなに立派に大きくなって、恥ずかしがっても遅いわよ」真夏の猛暑の中、外の気温に負けないほど膨張したマコトの下半身。亀頭は真っ赤に充血。いまにも張り裂けそうなほどに膨張したマラを愛撫し始めるのはなんと彼のママ。「いつの間にこんなに成長しのかしら」と一気にマコトのマラを口の中に包み込んでしまう。一日に何回でも発射できるほと元気な息子はまずはママのお口の中で口内射精で果ててしまう。しかし、彼女の性欲はそれだけでは気がすまなかったのです。二人で風呂場でソープランド行為のような卑猥なプレイの後ついに彼女は夫婦の寝室で息子と一つになってしまう。

コメント