五十路の母を一人の女性として愛してしまった息子の性行為動画

スポンサーリンク
50代(五十路)


adarutoとは思えない穏やかなシーンから性行為動画はスタートします。夫の帰宅が遅いことを心配する母。そこへ足が悪い夫が帰宅する。それを見届けて母はパートに出かける。夫は仕事中の事故で足を悪くしてしまったのだ。これから先の事も考えてパートにでかけながら家事をこなしていた。ただ、足が悪いだけで夫は男性機能の方は元気そのもの。激しいピストン運動はできないもののおばさんのおまんこをや熟女の陰核をいじったりといった熟年夫婦の性行為は頻繁に行っていた。ただ、息子がその姿を目撃してからというもの、母を一人の女性として意識するようになっていたのです。そして、母は趣味だった社交ダンスがしたいと息子に相手になってもらうつもりがそのまま、ベッドに押し倒されてしまう。ダメだとわかっているつもりが、あまりも荒々しい息子の性欲に抵抗するどころか、次第に感じはじめてしまうのだった・・

コメント