スポンサーリンク

夫に男性機能を求めなくなったオバハーンの性欲は息子とまぐわうことで救われていく。

50代(五十路)


春野雛子さんは夫と息子と三人暮らし。平和で何不自由なく生活していたものの、夫とは長い結婚生活でいつしかセックスはなくなっていました。しかし当然女の五十路はまさに女盛り。性欲があるのは当然なんです。ただ、もはや中高年の夫に男性としての魅力も男性機能も完全に戦力外。一方で、息子に対して彼女はある恋心に近い感情を抱いていたのです。夫の若いころにそっくりになってきた息子、彼女は気がつくとおばさんの陰核をいじってオナニーで自分の欲望を抑えるしかなかった。そこに突然帰宅した息子。母のあまりに情熱的な自慰行為に激しく欲情してしまう。「母さん、俺が満足させてあげるから」母の垂れ乳を揉みしだくと、熟女の陰部からはねっとりとした愛液が一気に溢れ出してしまう。

コメント