スポンサーリンク

母のアナルに熱した肉棒をねじ込む五十路の淫れた性生活鳥井聖子

五十路の淫れた性生活 50代(五十路)


鳥井聖子さんは五十路にになりますますオメコが疼いていました。夫との性生活もたまにはあるものの、最近は性に目覚めた息子たちも母の聖子の肉体に興味心身。スキンシップのつもりがエレクトして真っ赤に熱した肉棒をグイグイと熟女の巨尻に押し込むようになっていた。さらに最近ではその行動がエスカレートなんとアナルにまでニュルッと挿入してしまう。普段は息子たちが外出している頃合いを見計らってオナニーを楽しんでいた。そんなところをまずはテクニシャンの長男に発見されてしまう。「母さん、僕がたっぷりと慰めてあげるから」そんな勢いでいけないとわかっていながらも、ついつい淫れた性生活を謳歌してしまいます。

コメント